2006年09月08日

小樽GPの実現可能性?

こちらのエントリの続き。

地元の新聞だと、もう少し詳しいですね。

市街地レース「小樽GP」、今秋のデモ走行中止 市と協議難航(北海道新聞)

 だが、市は「本番開催へのメドがついていないのに、デモを行うのはどうか」と、市有地の使用に難色を示し、「本レースへの理解を得るためにデモ開催を」と主張する運営会社側との考え方の違いが表面化した。

こうした理由で断るなら、なぜ特区申請したの?と疑問が出てきますけどね。暑かったからかもしれんな(んなアホな)。
市として全面協力する、という状態になっていないことは分かりました。

この記事によれば、小樽GPは「メドがついていない」状態だということですから、必ずしも順調に開催に向かってはおらず、現時点では数年以内に開催可能かどうかも定かではないと思われます。

小樽市あるいは住民、警察、関連官庁、資金、どこで引っかかっているのかは分かりませんが(複数の可能性あり)、開催を心良く思っていない人も少なくないのでしょう。

今回のことはともかくとして実現に向けて活動していくのか、一気に冷や水を浴びせられた如く冷めていくのか、ターニングポイントになりそうですな。


タグ:CCWS 小樽GP
拍手する
posted by しんとう at 23:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | US Racing
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。