2006年10月06日

F1日本グランプリ名物

今年もドミニクドゥーセの店が、サーキット内に出店します。

「2006F1日本グランプリ」に出店します。(ドミニクドゥーセの店)

フランス人のドゥーセさんは、F1開催時にヨーロッパから来る関係者のためのパンを提供するために、HONDAが1986年に招聘した人です。

その後、鈴鹿サーキット内のブーランジェリーで働いた後に独立。

TVチャンピオンの「お菓子職人選手権」で2回優勝したり、フランス政府から勲章を授与されたり、レーシングチームのケータリング・サービスをしたり、FM三重(FMキュービック)でDJしたり(ってゆか、ドゥーセさんのレギュラー番組が昔あっただけなんだが)といった活躍は、

F1の時は、毎回特別メニューの食べ物を用意してくれますが、今年はどんなものが用意されていますかね。

なお、ドゥーセさんのお店は、年中無休(?)で開いていますので、F1の時じゃなくても、美味しいパンは食べられます(一応、書いておきます)。



拍手する
posted by しんとう at 00:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 文化・芸術
この記事へのコメント
今は、西荻窪駅でも買えちゃうからなあ。
新幹線に乗る前や帰ってきたとき、東京駅でも買えちゃうしなあ。
Posted by よ。 at 2006年10月06日 22:29
首都圏の人間には、稀少性はなくなってますね。

もちろん、いつでも食べられることはいいことです。一部商品は通販で買えるしね。

あたしゃ、ドゥーセさんの20年はどんな年月だったのかと思いつつ、今日クロワッサンを食べてました。
Posted by しんとう at 2006年10月06日 23:58
そういや新宿駅の地下に店があってびっくりしました>ドミニクシュワガー

会社の後輩とかとあの店の前を通る度に、「このドミニク・ドゥーセっていう人は鈴鹿の・・・」とウンチクを垂れて、皆から内心迷惑がられていた日々が懐かしい。
Posted by ◆RyoGAM(MotorsportFlashback) at 2006年10月08日 01:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。