2007年02月26日

'72 富士マスターズ250キロ

これは有名なレースですね。スカイラインの区切りになったレースであり、ロータリーを搭載したRX3が優勝したレースですから。



恒例のインタビューは片山義美さんです。お読み戴ければお判りの通り、片山さんはレースに出る覚悟が、他の人とはちょっと(かどうかは判らないけど)違った人でした。

今のドライバーで、ここまでの覚悟でレースに出ている人はいますかね(さすがにそこまで求めようとは思いませんが)。

今回取り上げられた「スーパーツーリング」(90年代に開催されていたJTCCとは無関係)は、GCの併催レースでしたが、後のマイナーツーリングと同じく、相当人気が高かったみたいです。

クラッシュ後にドライバーが観客に取り囲まれたりとか、ぶつけられた人がぶつけた人を殴ったとか、メーカーの戦いがヒートアップしていたことが判ります。
今でもメーカーの対決色が強いレースは、ファンが取り囲んだりはしないまでも、そうなりますけどねぇ。


拍手する
posted by しんとう at 00:04 | Comment(0) | TrackBack(1) | 日本の名レース100選
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

'72 富士マスターズ250キロ
Excerpt:  日本の名レース100選の最新号を買いました。読み始めたところ驚くと同時に喜びも感じました。『'72 富士マスターズ250キロ』ということで2年目に入り2リッタースポーツカーが増えてきて充実し..
Weblog: Racing Retro
Tracked: 2007-02-26 21:09
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。