2007年03月02日

金は天下の回転寿司

AUTOSPORT No.1101に、SUPER GTの記事が載ってます。

国内レースとしては極めて珍しいことにお金の話が記事になってます。

続きを読む


タグ:SUPER GT GT-A GT-E
拍手する
posted by しんとう at 02:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年11月05日

最終戦 結果

中継見れていないので、簡単に済ませます。何が起きたのか、細かいことは全然分からないですから。

GT500は予想通りに#32 EPSON NSXが優勝、2位は#35 BANDAI DIREZZA SC430、3位は#24 WOODONE ADVAN KONDO Zと、3車種(メーカー)仲良く揃ってますね。
2位と3位は僅差ですから、バトルがあったのでしょうか?

シリーズチャンピオンは、#36 OPEN INTERFACE TOM'S SC430のアンドレ&寿一で、チーム部門もTOM'sです。
TOM'sのGTタイトルはすごーく久しぶりですよね。

GT300は最終ラップでトップが入れ替わって、#101 TOY STORY Racing MR-Sの劇的優勝。シリーズチャンピオンは、#7 雨宮アスパラドリンクRX7の山野&井入で、チーム部門はRE雨宮。

雨宮のタイトルは初ですよね。メーカーの支援はほとんど受けていない雨さんの10数年に渡るGTでの苦労をここで列挙しても今さらなので書きませんが、今までの苦労が報われたんじゃないでしょうか。

コメントを読むと、レース直後は実感が湧いていなかったみたいですが、今ごろは美味しいお酒でも飲んでいるのかもしれません(雨さんがお酒を飲まれるかは存じませんが)。

これで、今シーズンは終了しました。
GT500の方が過熱気味で心配な面もありますが、GT300で雨さんのところが勝てるなら、まだまだ大丈夫でしょう。
拍手する
posted by しんとう at 21:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | SUPER GT

最終戦:予選雑感

シリーズ・チャンピオン(ドライバー部門)は予選結果を見る限り、GT500は#1 ZENT セルモ SCの立川&高木が有利ですね。元々、富士を得意としていますから、今回も優勝は難しくても(前のグリッドにいるのは軽いマシンばかり)表彰台を狙える位置にいますから。

GT300の方は、読みづらいですねぇ。このままの順位でフィニッシュするとは思えませんから、誰がチャンピオンでも不思議じゃないような。

あまり想像し過ぎるとつまらなくなることもあるので(予想出来ない言い訳)、決勝を楽しみにしましょう。

あたしゃ、TVも見られませんがねorz

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(1) | SUPER GT

2006年11月03日

いよいよ最終戦

もう、今日になってしまいましたが、SUPER GTの最終戦が行われます(決勝は日曜です)。
連休なので、金曜日の走行から観戦に行く人も多いと思います。

例年、富士の2回目のGTは1回目(ゴールデンウィークのね)に比べるとちょっと少なめの観客数(本当にちょっとだけで、混雑することに変わりはありません)ですが、今年は最終戦でタイトルが決まることもありますから、かなりの動員でしょう。

私は、残念ながら行けないことになりましたが、行かれる方は楽しんできてください。

願わくば、去年のZENTセルモスープラ(立川)とEPSON NSX(次生)のバトルような素晴らしいレースが繰り広げられることを期待します。
タグ:SUPER GT
拍手する
posted by しんとう at 02:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年10月22日

当たり屋公認

オートポリスで出されたペナルティや、オレンジディスクに関する解説が、公式サイトに出ました。

【解説】レース運営の仕組み2(オフィシャルの判定)

続きを読む
タグ:SUPER GT 規則
拍手する
posted by しんとう at 01:55 | Comment(14) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年10月15日

正式結果まで数ヶ月にはならなかった

結局は、大方の予想通りに(?)#23 ZANAVI NISMO Zが優勝しましたが、さて、最終戦にNAエンジン搭載のZ投入はありますかね。

特別性能調整の+25kgがチャラに出来るので、投入するのではないかと噂がありますけどね。


続きを読む
タグ:SUPER GT 規則
拍手する
posted by しんとう at 21:58 | Comment(4) | TrackBack(1) | SUPER GT

Rd.8 最終戦への布石か

今回は、SC430とスープラが次戦に向けて救済措置を受けるためのお休みの番ですかね。

第8戦予選結果(SUPER GT公式)

もっとも、決勝になったらどうなるのか判りませんが。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 09:42 | Comment(7) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年10月03日

オーダーは続くよどこまでも

SUPER GTも残り2戦になりました。

ますます激しくなるのがメーカーオーダーですね。

ちょうど、Racing on 11月号(No.408)の柿元氏のコラムで、残り2戦の戦い方について書かれています。


オーダーを許容出来る人だけ続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 01:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年09月10日

風物詩

残り3戦になって、SUPER GTの風物詩とも言える「メーカーオーダー」が出てきましたね。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 17:33 | Comment(4) | TrackBack(2) | SUPER GT

今年のため、来年のため

SUPER GTも、終盤に入りましたが、もてぎの予選結果はすごいですね。

SUPER GT第7戦もてぎ 予選総合結果[モータースポーツ・フォーラム(国内レース)]

コースレコードが連発?いえいえ、そちらではなく、Zの下位独占ですよ。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 01:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年09月06日

コマスの代わりは引き続き荒聖治

#24 WOODONE ADVAN エリック・コマスは腰痛の治療に専念するため、代わりのドライバーを選んでいたKONDO RACINGですが、引き続き、荒聖治が乗る事になったと発表がありました。

KONDO RACING スーパーGTドライバー交代について(KONDO RACING)

コマスの状態はちょっと心配ではありますね。
拍手する
posted by しんとう at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年09月02日

Rd.3 再控訴問題

Racing On 10月号(No.407) PP.100-101に掲載されている、『柿元邦彦の私的モータースポーツ概論』に今回の控訴問題について触れられています。

雑誌記事をそのまま持ってくることはまずいと思われるので、読んでいただければと思います。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 22:45 | Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月31日

direxivのいなくなった後

GT300クラスのシリーズ・ランキングはトップながら、都合によりRd.6まででチームが撤退した密山&谷口ですが、こうなったそうです。

新チーム体制発表のお知らせ(2006.08.29)(R&D SPORT)
密山/谷口組は新チームで第7戦に。監督には鈴木利男氏(SUPER GT公式)

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 02:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月25日

何のためにメディアは存在するのか

童夢公式サイトに、林みのるさんのコラム「音とキャンギャルだけのページェント」が掲載されました。

秀逸なのは、特別性能調整(別名、0.8%ルール)の説明がされていて、今まで私が読んだ説明の中で、一番詳しく分かりやすい内容になってます。

コンストラクターは、当然レギュレーションにも精通していなければなりませんから知っているのは当然としても、林さんの分かりやすい説明は助かります。

という、話ではなくて

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 02:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

Rd.3 控訴却下の内容

AUTOSPORT No.1077 P.80に、Rd.3のnismoの控訴に対する却下に関する記事が載ってます。

正直、小さすぎですね。これは非常に重大な問題ですから、巻頭で大々的に特集組んでもらいたいくらいですが(そんなことしたら売れなくなるだろうけどさ)。

続きを読む
タグ:SUPER GT JAF nismo
拍手する
posted by しんとう at 00:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月22日

もう1つの分からないこと

1000kmでは、そこそこペナルティが出ていましたが、もう1つ、分からないことが。

#100 RAYBRIG NSXが、他車との接触によりドライビングスルーペナルティを受けていましたが、実際には、ピット出口のペナルティエリアで、10秒静止を行っていました。

でも、出ていたペナルティはドライビングスルーペナルティだし、リザルトにもそう記載されています。何故?
拍手する
posted by しんとう at 03:25 | Comment(1) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月21日

黒旗無視(´・ω・`)

正直、困った人だなぁと思いましたね。

旗の指示に従わないケースは今回に限った話ではなく、時々あるのですよ。うっかりレベルから、意図的なものまで(さすがに意図的に行うことは滅多にないが)。
通常は黒旗が出た時点でピットに入りますけどね。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 19:26 | Comment(7) | TrackBack(1) | SUPER GT

まるで星野パターン

Pokka 1000kmは#12 カルソニック インパル Zの完全なる勝利でした。トップを譲ったのはピットインのタイミングによる4周だけです。

特にブノア・トレルイレ。スタート直後からハイペースで走行してあっという間にマージンを築き、その後も他車を圧倒する速さでした。ピット作業もミスがなく、完璧過ぎてつまらないくらいですが(笑)

唯一心配だったのは、2位が#22 MOTUL AUTECH Zだったため、「不可解なスローダウン」(笑)をする可能性があるのではないかと思ったのですが、#23 XANAVI NISMO Z(井出)を#24 WOODONE ADVAN Z(コマス)が抜いたりしていたので、今回はオーダーは存在しなかったようです。

そして、nismoは今まで何回か1000kmにJAF-GT車両のスカイラインで出場していたことがありましたが、あの時は手を抜いていたなと(笑)トラブルばかりでろくに完走出来なかったのが、シリーズ戦になった途端、トラブルフリーですから。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 18:59 | Comment(2) | TrackBack(1) | SUPER GT

Pokka 1000km予選

予選1回目は見ていないので、分かりません(笑)

2回目は、基準タイムクリアとセッティングの確認が主ですから、ムキになって見ていません(それでも探せば色々面白いところはあると思いますがね)。

さてスーパーラップですが、#7 雨宮アスパラドリンクRX7は、サードドライバーの山路 慎一を起用しました。ご本人はインタビューで「でしゃばってすみません」と言ってましたが、去年まで乗っていたマシンですし、今シーズンもいきなり雨宮に乗れなくなったという印象が強かったので、本来の姿のようにも見えました。

その他はいつも通りなんですが、鈴鹿のスーパーラップが他のサーキットと違うのは、アタックラップ終了後、東コースのショートカットを通ってピットに戻ることになっているのですが、それを間違えてフルコース走ってしまったドライバーが数名いらっしゃいました。予選結果を見ると、ペナルティがいくつか発生しています。

そして、この日は雲が多かったのですが、湿度が異様に高くて蒸し暑い日でした。台風のせいですな。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | SUPER GT

2006年08月18日

ライト、ついてますか

いよいよPoKka 1000kmの練習走行が始まり、明日は予選ですね〜

練習走行の話は、公式サイトやニュース系サイト、他の方のblogでも読んでいただくとして、それなりに暗闇の中を走らなければならない1000kmならではのライトのお話。

もっと光を!? 鈴鹿からお届けする補助灯百景(AUTOSPORT WEB)

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 23:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | SUPER GT

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。