2009年01月18日

童夢へ

林みのるさんの本が出ました。




内容的には、童夢設立前までの話です。

続きを読む


拍手する
posted by しんとう at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年09月23日

S家の長男

ちょっと前に読んだ本です。



続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 04:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2007年02月18日

オレさま烈伝

これもリハビリの一環として読みました。

オレさま列伝~F1を制した男たち~ 1
オレさま列伝~F1を制した男たち~ 1

オレさま列伝~F1を制した男たち~ 2
オレさま列伝~F1を制した男たち~ 2

オレさま列伝~F1を制した男たち~ 3
オレさま列伝~F1を制した男たち~ 3

この本は、真面目に根を詰めて読むものではありません。適当にぱらぱらとページをめくり、目に留まった回をぎゃははと笑いながら読むのが向いていると思います。

この内容にツッコミを入れたら無粋だし、正確なことを知りたいと思った人は、きちんと資料にあたるでしょう(多分)。


タグ:F1 マンガ
拍手する
posted by しんとう at 00:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年07月06日

シャシーコンストラクター

再びRacing on No.405の話題になります。

シャシーコンストラクターと題する特集が組まれています。
童夢はNo.403で特集が組まれましたから、今回は登場していません。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 03:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年06月02日

事実上の訂正

1週間前の「この素晴らしき世界」の続きです。
レースに直接関係ないので、お読みになりたくない方は、このエントリは飛ばしてください。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 20:11 | Comment(2) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年05月25日

この素晴らしき世界

AUTOSPORT No.1065の巻頭特集は、富士F1徹底シミュレーションと題して、来年開催される予定のF1日本グランプリに関する記事が載っています。

ふーむ、これはいわゆるPR記事ですね。ネガティブ要素がまったく書かれていないどころか、ネガティブなことはないと明言されていますから。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 22:58 | Comment(10) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年05月18日

SAF1に関する騒動を理解するために

直接的に分かるわけではありませんが、この本くらいは読んでおいたほうがいいでしょう。



F1が純粋にドライバー同士の技能を競うだけのスポーツだと思っていらっしゃる方やナイーブな方は、読まないほうがよろしいかと思います。「ショックだ」とか「夢が壊れた」とか言われても責任は持てませんので。

日本円で億単位の金額が日常的に動き、しかもその流れが極めて不明瞭で、ヨーロッパを中心に各国の人間や企業の思惑が入り乱れる興行が「単なるスポーツ」な訳はありません:-)

拍手する
posted by しんとう at 22:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2006年04月30日

レーサーの死

元になっているのは、F1倶楽部とAUTOSPORTに掲載された記事ですが、加筆が行われていますね。

レーサーの死
レーサーの死

あとがきで、著者の黒井尚志氏が取材を「重い気分」であったと書かれています。
読者も、著者ほどではないにしろ、事故当時のことが思い出されるため、重い気分になります。

続きを読む
拍手する
posted by しんとう at 22:06 | Comment(4) | TrackBack(1) | 書籍・雑誌

2006年03月21日

F1全史 2001-2005

執筆者は林信次さんから西山平夫さんに変わりましたが、刊行は続いています。



この5年間は、やはり圧倒的に見栄晴、フェラーリ、ブリヂストンですよね。

最後にアロンソ、ルノー、ミシュランがチャンピオンになったのは記憶に新しい(って、去年じゃん)ところですが。

こうした本を読むと、5年後にはどう書かれるのか、楽しみですね。ホンダ、トヨタ、BS、SAF1……
拍手する
posted by しんとう at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2005年06月12日

ルマンの歴史

ルマン24時間レースも目前に迫ってきたので、それに関するネタを。

現在発売中のRacing onにも日本からの参戦を中心に紹介されてますが、ルマンの歴史全体となるとなかなかないですね。

私が知ってるのは↓くらいです。1999年までの記録ですが日本で現在入手可能な(そして内容が正確な)書籍はごくわずかなので、買って損はないです。
このblogに来る人は、大半が持っているような気もしますが。

ルマン??偉大なる耐久レースの全記録
ルマン??偉大なる耐久レースの全記録
拍手する
posted by しんとう at 23:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

2005年01月21日

オートスポーツ1000号

現在発売中の号で、1000号になりました。表紙は佐藤琢磨。

日本での数少ないレース専門誌であり、個人的なことながら、最初に読んだレース専門誌でもあります。

週刊でも20年かかる(つまり、今のままなら2000号は20年後。それまでに日本人ドライバーのワールドチャンピオンは生まれているだろうか)号数を、40年近くの歳月をかけながら達成したことに敬意を表します。

でも、ツッコミはやめません(笑)。
拍手する
posted by しんとう at 02:31 | Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍・雑誌

2004年11月06日

名エンジン

レーシングオンNo.385の特集はレーシングエンジンです。

今日(あ、もう昨日か)買ったばかりで、まださらっとしか読んでいないのですが、ホンダF1エンジンの開発や、誕生から20年経過しても第一線で活躍する3Sシリーズ、名チューナーの戸田幸男氏、土屋春雄氏、そしてコスワースDFVと、歴史に名が残るエンジンや関係者が出てきて、読み応えがありそうです。月刊誌は、やっぱりゆっくり読んで味わえるぐらいでないと。

中でも貴重なのが、1905年からの主要カテゴリーのエンジン規定の変遷が掲載されていることです。こりゃ、永久保存ですな。
拍手する
posted by しんとう at 02:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 書籍・雑誌

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。